• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

ニュース&トピックス

2017年11月22日 生活専攻・三浦教授が共訳した『レーニン 権力と愛』(上・下巻、白水社)が刊行されました。

英国の著名な歴史作家V・セベスチエン氏の作品です。この11月はロシア革命100周年。 その指導者レーニンの等身大の姿を、人間関係の愛憎のなかに位置付けて浮き彫りにしています。 ソ連は消滅したものの...

2017年11月02日 生活専攻・正村教授が日本学術会議の機関誌『学術の動向』(2017年10月号)の特集の趣旨説明文と総括文を執筆しました。

この特集「現代社会における分断と新たな連帯の可能性――階層・世代・地域・民族・情報の観点から」は、2017年1月に開催された日本学術会議と社会学系コンソーシアムの共催シンポジウムの内容をもとに組まれた...

2017年09月20日 「磯のガイドブック」3冊が完成しました

環境情報学専攻の細谷夏実教授が、ゼミの学生と制作に取り組んだ「磯のガイドブック」3冊が完成しました。 環境情報学専攻の細谷夏実教授は、子どもたちに海の楽しさや大切さを伝える環境教育に取り組んでお...

2017年08月18日 アメリカの IGI Global から発刊される,生田が Editor を務める本の制作が始まりました。

アメリカの IGI Global から発刊される,生田が Editor を務める本の制作が 始まりました。 本のタイトルは Handmade Teaching Materials for Stud...

2017年07月26日 生活専攻・正村教授が編集委員に加わった『社会学理論応用事典』、共著者の1人になっている『社会理論の再興――社会システム論と再帰的自己組織性を超えて』が刊行されました。

『社会学理論応用事典』(日本社会学会・理論応用刊行委員会編 丸善)は、学会事業の一環として刊行されたもので、社会学理論の内容とその応用可能性を説明した事典です。 https://honto.jp/n...

2017年06月13日 環境専攻木村ひとみ准教授の査独付き論文が掲載された著作”Experts, Networks and International Law”がCambridge University Pressから刊行

環境専攻の木村ひとみ准教授の論文'Environmental Government Networks with Asian Examples'が掲載された著作”Experts, Networks an...

2017年03月15日 訳書名 イアン・カーショー『地獄の淵から ヨーロッパ史1914~1945』(三浦 元博・竹田保孝訳、白水社)

本書はペンギン・ランダムハウス社のヨーロッパ史シリーズのうち、19~20世紀を扱った200年史(全4巻)の中の一冊です。他の3冊に先駆けて出版されました。 第一次世界大戦と第二次世界大戦、そしてこの...

2016年12月22日 パリ協定に関する環境専攻木村ひとみ准教授の論文が『EU法研究 第2 号』(信山社)/『環境法研究 41号』(有斐閣)に掲載

環境専攻の木村ひとみ准教授の論文「COP21(パリ)前後における2020年以降のEU気候変動法政策の形成と実施」が掲載された『EU法研究 第2号』が信山社から刊行されました。イギリスのEU離脱の影響や...

2016年12月18日 生活専攻吉原直樹教授が執筆陣に加わった中野佳裕編訳『21世紀の豊かさ』(コモンズ)が刊行

2016年12月13日 生活専攻吉原直樹教授が執筆陣に加わった中野佳裕編訳『21世紀の豊かさ』(コモンズ)が刊行されました。アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、そして日本の研究者が「脱成長」について...

2016年10月22日 環境情報学専攻教授 松本暢子編著「受け継がれる住まい」(柏書房)が刊行さ れました。

住総研住まい読本「受け継がれる住まい 住居の保存と再生法」(定価/1800円+税)が、柏書房より9月30日に刊行されました。住総研「受け継がれる住まい」調査研究会の一員として、関わってきた成果です。 ...