• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

社会生活情報学専攻

受験生のためのQ&A

社会生活情報学専攻では、どのような勉強をしていきますか?

1-2年生のうちに、英語の力をつけてパソコンの使い方をマスターし、教養科目や経済学系・社会学系・メディア系科目を広く学びます。2年生後期から 3-4年生では、情報の発信者としての技術を習得していき、また、職業を視野に入れた専門的な勉強を始め、ゼミに所属して卒業研究にも取り組みます。

たくさんある科目のなかでも、どのような科目が中心になりますか?

「ネットワーク経済論」、「現代社会論」や「マルチメディア論および実習」などが重要です。情報を収集・整理・分析する能力を身につけ、情報の賢い受信者=発信者となるためには、自由主義経済や現代日本社会のあり方、マスコミ産業の仕組みや現状が分かっていないといけないからです。

将来は航空運輸関係の仕事に就きたいのですが、どのような勉強をしたら良いのでしょうか?

この分野に就職した卒業生は、これまでにもかなりの数いますが、大学ではとくに訓練や研修があるわけではありません。心身ともに健康で英語とパソコンを中心とした勉強をしっかりやること、国内外の出来事に常に関心をもって新聞やテレビのニュース解説を見る習慣をつけておくことが大切です。客室乗務員(CA)の養成のコースを開いている専門学校もあり、そこに通っている学生もいます。

将来はマスコミ関係の仕事に就きたいのですが、どのような勉強をすれば良いのでしょう?

大学ではとくに研修や訓練はありませんが、「放送・通信論」「マルチメディア論及び実習」や「ジャーナリズム論」などの科目は重要です。マスコミ志望の学生は、放送研究会などに所属してクラブ活動を自主的に行っています。また、NHKや在京キー局ではアナウンサー養成講座を開いており、学生たちはそこに通っているようです。

この専攻と文学部のコミュニケーション文化学科、人間関係学部の社会学専攻との違いはどこにありますか?

最大の違いは、この専攻では経済学・経営学を一つの柱として学ぶ点です。経済・経営を重点的に学べる学科は、大妻ではほかにありません。「社会学専攻」は社会学という学問分野を幅広く研究し、「コミュニケーション文化学科」は主に異なる文化間のコミュニケーションのあり方について学びます。私たちの専攻では経済学・経営学、社会学、メディア学を組み合わせて「社会と情報」の関係を深く学ぶことができます。この「情報」には、マスコミで流通する情報だけでなく、働いたり買い物をしたりすることや、家族や友人といった人間同士のつながりにかかわる情報も含まれます。