• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

学部紹介

特色ある教育

1.情報教育-“情報技術を活用する力”を身につける―

情報を学び、扱うための“基礎固め”を徹底しています

コンピューターとネットワークの基礎を学び、文字や数値のデータ処理の基本を身につけます。また、プログラミングを基礎から学ぶことで積極的に情報を扱う力をつけます。

社会でも通用する高度な情報処理技術を身につけます

情報処理の基礎、コンピュータ・グラフィックスや動画、音声などマルチメディアの学習、あるいはアンケートや実験の閣下などを視覚的に表現するなど、高度な情報処理技術を身につけます。

教員とティーチングアシスタントがわからないところをしっかりサポート

実習、演習の授業では、教員と授業を補佐するティーチングアシスタントが、学生一人ひとりの疑問に対応します。授業時間以外でも教員が学生からの相談に応じています。

2.英語教育-使える英語を身につける―

国際社会で活躍するために必要な英語力を育成

世界とつながる発信型の英語コミュニケーション能力を養うために、少人数制で英語を学びます。実際に英語を使う機会を充実させ、実践的な英語力を高めていきます。

専門分野を学習するのに役立つ英語力を強化

話す、聞く、読む、書くという英語の4技能を総合的に鍛えます。また専門書を英語で読む力、英語で研究発表する力などを伸ばします。

国際理解・異文化理解を深めるための授業が充実

単に語学力を高めるだけでなく、広い視野を立ち、世界の異なる文化の人々とともに生きる資質、能力を養います。
毎年8月から約1ヶ月間、大妻女子大学ではカナダのブリティッシュ・コロンビア大学(バンクーバー)において独自の語学研修を実施しています。この研修は、選考試験を通過した学生が参加できるプログラム。英語や海外事情を学ぶ授業のほか、大学の学生寮とホームステイの両方を体験し、他国の学生や現地の人々との交流を深めることができます。
 
バンクーバー市内の見学などのアクティビティやショートトリップ、パーティなどのイベントも充実。なかには事前に浴衣の着付けや巻き寿司の作り方を身につけ、ホストファミリーに披露する学生も。
 
異文化に対する視野を広げ、日本文化について改めて考え、
さらに伝える力を身につける絶好の機会となっています。

社会情報学部の情報教育環境

情報処理・LL教室

  • 机とイスがいろいろ組める!学習スタイルも自由自在。
  • グループ作業や個別の技術学習がはかどる教室です。
  • 室内の無線化が進み、さらに使いやすく。
学部の実習室

6つの実習室で計370台のパソコンを設置
「マルチメディア論及び実習Ⅰ・Ⅱ」「デジタルコンテンツ」「ウエブデザイン」「コンピュータ・グラフィックスⅠ・Ⅱ」「感性デザイン及び演習」「画像情報処理及び演習Ⅰ・Ⅱ」などで使用するために6つの実習室を用意しています。
便利!快適!3つのポイント
  • 最新型のCPUをパソコンに搭載しているので、ソフトウェアの操作を快適にする動作環境が整備されています。
  • ソフトウェアはすべての実習室で使用可能です。
    授業の空き時間には自習室として開放しています。
  • 一台のパソコンで2つのOSを使用。企業や公的施設に広く普及している「Windows」と「Linux」の2つのOSを搭載。
導入しているソフトウェア

企業での使用頻度が高いソフトがそろっています。

  • プログラミング言語

    FortranBuilder
    netBeansIDE
    Eclipse
    Visual studio

  • 統計

    SPSSシリーズ他

  • データベース

    MySQL5.0

  • グラフィックス

    Autodesk 3ds MAX
    Adobe photoshop
    Adobe premier
    Adobe Illustlator

  • ホームページ作成

    Dreamweaver
    Flash

  • 音声

    Audacity
    Adobe Audition

このほか「デジタルコンテンツ」の授業でビデオ撮影した映像を加工・編集できる機器やデジタル一眼レフカメラ、デジタルビデオカメラなどの撮影機器も用意しています。
情報処理・LL教室

  • 机とイスがいろいろ組める!学習スタイルも自由自在。
  • グループ作業や個別の技術学習がはかどる教室です。
  • 室内の無線化が進み、さらに使いやすく。
学部の実習室

6つの実習室で計370台のパソコンを設置
「マルチメディア論及び実習Ⅰ・Ⅱ」「デジタルコンテンツ」「ウエブデザイン」「コンピュータ・グラフィックスⅠ・Ⅱ」「感性デザイン及び演習」「画像情報処理及び演習Ⅰ・Ⅱ」などで使用するために6つの実習室を用意しています。
便利!快適!3つのポイント
  • 最新型のCPUをパソコンに搭載しているので、ソフトウェアの操作を快適にする動作環境が整備されています。
  • ソフトウェアはすべての実習室で使用可能です。
    授業の空き時間には自習室として開放しています。
  • 一台のパソコンで2つのOSを使用。企業や公的施設に広く普及している「Windows」と「Linux」の2つのOSを搭載。
導入しているソフトウェア

企業での使用頻度が高いソフトがそろっています。

  • プログラミング言語

    FortranBuilder
    netBeansIDE
    Eclipse
    Visual studio

  • 統計

    SPSSシリーズ他

  • データベース

    MySQL5.0

  • グラフィックス

    Autodesk 3ds MAX
    Adobe photoshop
    Adobe premier
    Adobe Illustlator

  • ホームページ作成

    Dreamweaver
    Flash

  • 音声

    Audacity
    Adobe Audition

このほか「デジタルコンテンツ」の授業でビデオ撮影した映像を加工・編集できる機器やデジタル一眼レフカメラ、デジタルビデオカメラなどの撮影機器も用意しています。