望月さん

この春、望月茜さんは情報デザイン専攻(堤研究室)を卒業して乗り換え案内サービス「駅すぱあと」でおなじみのヴァル研究所(東京・高円寺)に就職しました。

卒研では人間関係学部棟1階をモデルにUnityを使用した消火シミュレーションゲームを友人と2人で作成しましたが、もともと研究室ではおとなしい存在でした。その望月さんが精いっぱい他者と触れ合いながら仕事に勤しんでいます。その成果がこのたび「キャリコネニュース」で取り上げられました(http://www.val.co.jp/topics/2015/1104.html)。

社内でちょっとしたヒーロー/ヒロインになったという先輩の、困難を乗り越えての仕事ぶりを紹介します。

望月さんは今年7月中旬、Web開発チームに配属されたばかりのころ、ドコモと京急によるビジネスプランコンテスト「Railway×ICT」に参加するよう言われたそうです。ITと鉄道をテーマにしたビジネスプランを企画し、試作品を作ってプレゼンするというイベントです。

『企画は前から興味あったしやってみたい。なんと、1次審査通過するとミーティングとプレゼンがあるのか…(苦手)。でも、審査通過するなんてそうそう起こることじゃないしとりあえずやりたい。』

望月さんは心の葛藤を乗り越え、「やりたいです」と上司の提案を承諾したそうです。

もっちー(望月さんの愛称)、口数は少ないけど前向きな頑張り屋さんなのです。

望月さんはさっそく2日間で12案ほど考え、結果として考え出したのは、自社の乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」をアップグレードしたもの(題して「駅すまあと」)でした。経路を検索して決定すると、実際に乗り換えのタイミングになったときに「次はこの電車ですよ」と自動で通知してくれる、というアプリです。乗り換えの度にいちいちロック画面を解除する必要が無いので、スマートに移動することができるものです。しかし、リーンキャンパス(ビジネスモデルの企画のためのツールのこと。企画を1ページのサイズを収めるというのが大きな特徴)作成では苦労しました。アイデアこそ認められたものの、上司からは「表現がわかりづらい」、「何のためにこれをするの」と何度もダメ出しされたそうです。

 

DSC03473
仕事中の望月茜さん

 

『アイデアをどうビジネスに落としこむのか、どう実現させるのか、どう収益を得ていくのか。企画の難しさがわかりました。』

指摘された点を何度も修正してコンテストに応募。準備に取り掛かって1カ月後、見事書類審査を通過しました。しかし、9月24日の最終プレゼンテーションに向けてモック(ソフトウエアのテスト駆動)の作成、プレゼンテーションスライドの作成など、あらたな困難が。

『モックを作るとなると画面の細かい所や設定まで決めないといけないので予想以上に苦労しました。パワポの作成と発表文言を考えるのも、もちろん苦労しました。作っては修正・確認の繰り返し、ちょっと残業が増えました。』

最終プレゼンでは、他の候補者はみな企業経営者といった猛者ばかり。望月さんは当日緊張のあまり38度の熱が出たといいます

『会場は六本木。大手企業数社で合わせておそらく50人ぐらいの人がいました。初っ端からスティーブジョブズみたいなプレゼンの人がいて心が折れました。他の発表者も軒並み代表取締役だったのでますます心が折れました。自分の発表の番が来てとても緊張しましたが、持ち時間ぴったりに終えることができました。』

 

hkj23
企画した自動で乗換案内してくれるアプリのイメージ画像

 

結局、最終選考までいったものの惜しくも入選はできなかったそうですが、社内では「1年目なのに会社を背負って企業のトップと対等に渡り合った。企画の精度も高かった」と評価されたそうです。

『戸惑うことばかりで企画自体は大変でしたが、全体的にやりがいがあり楽しんで取り組むことができました。改めて何かを作ることの面白さを感じることができました。今後も大好きなITを使って新しいものを作っていきたいです。なんかもう色々な経験値が上がりました。』

 

おどけて
仕事の合間にゴリラのマスクをつけておどける望月さん

 

学生の時は大変人見知りな望月さんでしたが、皆様のサポートを受けながらも企画からで最終選考まで一貫して体験できたことが大きな自信になったようです。

もっちー、Good Job!

参考:https://news.careerconnection.jp/?p=17965

文責:堤江美子

LINEで送る
Share on Facebook

Posted in OG.

98年度社会情報学部社会情報処理学専攻(現 情報デザイン専攻)堤ゼミ卒業の長沢安希子さん(卒業生インタビュー参照)が、『2013年度 Google アニタ ボルグ記念奨学金: アジア太平洋(APAC) 』に採択されました。

この奨学金は、昨年までアジア、インド、オーストラリア&ニュージーランドと各地域で展開されてきましたが、今年より初めてアジア太平洋(APAC)として開催され、女性がコンピュータとテクノロジーの分野で卓越しロールモデルやリーダーとして活躍するよう、奨励することを目的としています。

アニタ・ボルグ博士(1949-2003)は、技術的な専門知識と勇敢なビジョンを示し、テクノロジーに対する人々の考え方に革命を起こすなど、コンピュータやテクノロジー分野に存在する女性やマイノリティーの進出を阻む障害を取り除くことに人生を捧げました。本奨学金は、Googleが、アニタ・ボルグ博士のビジョンを促進する取り組みの一環として2004年に設立しました。アジア地域では2010年より、アジア大西洋地域の大学においてコンピュータサイエンス、ソフトウェアエンジニアリングもしくはそれに近い専攻に在籍し、高い学業成績を収めコンピュータサイエンス分野へのパッションを持った女子学生の中から書類選考と面接を経て、奨学金受賞者を複数名選考しています。受賞者は、Google Inc.の招待を受け、9月にシドニーで開催される交流会に参加する予定です。

長沢安希子さんは、本学情報処理専攻を卒業後、東芝情報システム株式会社に入社し、組み込みシステムのエンジニアとして第一線で活躍する傍ら、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科修士課程に社会人学生として入学し、勉学に励み高い向上心と地道な努力を続け、本奨学金受賞へと至りました。なお、長沢安希子さんは、2013年7月5日の記事でも掲載させていただいたように、6月20日の本専攻の基礎ゼミ、「情報デザイン基礎演習」で卒業生としてお話していただきました。

卒業生インタビュー:長沢安希子さん

参考:Google アニタ ボルグ記念奨学金: アジア太平洋(APAC)
http://www.google.co.jp/anitaborg/apac/jp/

LINEで送る
Share on Facebook

情報デザイン基礎演習は、1年生が大学での学びをより実りのあるものにするために、基本的なアカデミックスキルや学士力の素養を身につけるための「学び方を学ぶ」演習であり、また、自分自身のライフデザインやキャリアデザインを構想できる力を養う授業でもあります。

第10回目(6月20日)となる今回は、学生が自分自身のキャリアデザインの構想に生かすために、本専攻を卒業されて社会でご活躍の卒業生、江見佳緒里さん長沢安希子さんをお招きし、仕事内容・就職後の生き方・人としての成長・就職活動などについて具体的なお話を伺いました。

DSC_1959_sまず、2008年に本専攻をご卒業され、株式会社ティージー情報ネットワークでシステムエンジニア(SE)としてご活躍の江見佳緒里さんのお話を伺いました。現在、地図に情報を重ねて可視化するGIS開発に携わっています。江見さんは、学生が抱きがちなSEに対する疑問・誤解を一つ一つ丁寧に解いて、SEの実情についてお話しされました。たとえば、「SEってプログラミングしかしないの?」という疑問に対しては、SEはプログラミングばかりではなく、提案活動・問い合わせ対応などを行うコミュニケータとしての役割の重要性を語られました。また、「SEって残業が多いんでしょ?」という疑問に対しては、昨年度の実際の残業時間のグラフを示し、残業が多い月も逆に少ない月もあり、トータルでみれば趣味に費やす時間をとることもでき、公私ともに充実した生活が送れること、また残業分は給与に反映されることなどを分かりやすく説明してくださいました。

SEという職業に対し、「大変」「自分の時間が取れないのでは?」といったイメージを持っていた学生にとって、江見さんのお話はそれまで抱いていたイメージを覆す新鮮なものとして受け取られたようです。

DSC_1986_sつぎに、1998年に本専攻をご卒業され、東芝情報システム株式会社で、やはりシステムエンジニアとしてご活躍の長沢安希子さんのお話を伺いました。長沢さんは組み込みシステムのソフトウェア開発、すなわち特定の機能を実現するために家電製品や機械などに組み込まれるコンピュータシステムの開発に携わられています。また、長沢さんは現在、SEとしてフルタイムで働く傍ら、休日は慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科で学ぶ社会人大学院生でもあります。

卒業後、実際の仕事の現場で自らの勉強不足を痛感されたという長沢さんは、国家資格の取得、プログラミング言語の習得、基礎技術力の強化、さらには英語力強化を兼ねての外国人とのルームシェア、大学院への入学、と寝る間も惜しんでたゆまない努力を重ねてこられました。講演を聴講していた誰もがそのパワフルさに圧倒されたのですが、長沢さんは、学生時代をふり返り、サークル活動に没頭するあまり成績はあまり振るわなかった学生であったこともお話されました。

そして最後にこれから大学生活を送る学生へのメッセージとして、勉強や努力をするばかりでなく「たくさん遊び、たくさん笑い、たくさん泣いて、人を大事にし、素直であることが大事」という言葉を贈られました。その言葉に多くの学生が共感を得、励まされたようでした。

講演後の質疑応答では、雰囲気がほぐれるにつれ、学生たちより次々と質問が出てきました。人生の先輩たちが見、聞き、感じてきたことを後輩が感じ取り、それが未来へと生かされていく、そんなつながりを感じさせられる授業となりました。

 

●卒業生インタビューはこちらからご覧いただけます
江見佳緒里さんインタビュー
長沢安希子さんインタビュー

 

LINEで送る
Share on Facebook

情報デザイン専攻2年生の必修科目「クリエイティブ思考法」の第3回目(4月30日)は、情報デザイン専攻(旧社会情報処理学専攻)の3名の卒業生を迎えて、『企業人として生きる』というタイトルで講演していただきました。

今回講演いただいた3名は、国立の工学系大学院へ進学した後に大手通信会社のSEを経て、CEOオフィスやネットワーク系の業務を担当されているH.T.さん、大手通信会社でシステム担当の主任をされているM.Y.さん、大手銀行のインターネットバンキングシステム部でSEを経て、与信企画部で銀行全体の与信管理を担当されているM.N.さんで、本専攻を卒業して6年になります。お一人ずつ、企業で働く楽しさや満足感、アルバイトからでは理解できない社会で働くことの充実感、また、辛いことや休日のプライベートな生活などについて、自分の経験に基づき具体的にお話しいただきました。

講演の様子
講演の様子

今年の講演内容の共通していた特徴の1点目は、企業のグローバル化に向けて、社員の語学やコミュニケーション力の重要性を強調されていた点です。外資系の色彩の強い企業に就職して社長秘書の経験もあるH.T.さんは、英語の発音も大変すばらしく、まさに生きたコミュニケーションを日常的に行っているという実感が伝わってきました。学生の感想文からも、多くの学生がこの点について心を動かされたようでした。また、2点目は、専門性を高める必要性が求められるという点でした。3名ともSEという専門性の高い職種の経験がありますが、基本情報処理技術者試験への挑戦、TOEICへの挑戦など、企業に勤めながらもさらに専門性を高める学びを日々行っているとのことでした。

講演の様子
講演の様子

M.Y.さんからは、SEの仕事について、V字型モデルを例にシステム開発におけるSEの役割、求められる能力を話されました。SEの仕事はメリハリがあり、時間に追われる時期もあるが、仲間と共同で開発してきたシステムが完成したときの充実感や時間に余裕があるときの時間の過ごし方など、専門職性の高い職種の働き方の楽しさが紹介されました。金融関係の仕事をしているM.N.さんからは、自ら仕事に手を挙げる勇気と大切さを話されました。3名の方々に、将来の自分について、どう在りたいか語っていただいたとき、全員が働き続けていきたいと答えていたのが印象的でした。

講演の様子
講演の様子

公演後の質疑応答では、就職活動の方法や体験、後輩へのアドバイスなどに話題が移り、在校生が就職活動を身近な問題として感じ始め、就職活動を考える貴重な時間が共有できたと見受けられました。本講演の一つの目的が達成されたのではないかと思います。

公演後に控室に戻り、3名の先輩達の雑談のなかで特に印象的だったことは、「自らの職業人生を考えたとき、資格、特に教職の資格を取っておきたかった」という内容でした。(1名の方は、取得されて卒業されています。)今から取るにはどのような方法があるのか、そのとき大学はどのようなことを支援してくれるのか、など具体的な話へと広がりました。

 

LINEで送る
Share on Facebook