望月さん

この春、望月茜さんは情報デザイン専攻(堤研究室)を卒業して乗り換え案内サービス「駅すぱあと」でおなじみのヴァル研究所(東京・高円寺)に就職しました。

卒研では人間関係学部棟1階をモデルにUnityを使用した消火シミュレーションゲームを友人と2人で作成しましたが、もともと研究室ではおとなしい存在でした。その望月さんが精いっぱい他者と触れ合いながら仕事に勤しんでいます。その成果がこのたび「キャリコネニュース」で取り上げられました(http://www.val.co.jp/topics/2015/1104.html)。

社内でちょっとしたヒーロー/ヒロインになったという先輩の、困難を乗り越えての仕事ぶりを紹介します。

望月さんは今年7月中旬、Web開発チームに配属されたばかりのころ、ドコモと京急によるビジネスプランコンテスト「Railway×ICT」に参加するよう言われたそうです。ITと鉄道をテーマにしたビジネスプランを企画し、試作品を作ってプレゼンするというイベントです。

『企画は前から興味あったしやってみたい。なんと、1次審査通過するとミーティングとプレゼンがあるのか…(苦手)。でも、審査通過するなんてそうそう起こることじゃないしとりあえずやりたい。』

望月さんは心の葛藤を乗り越え、「やりたいです」と上司の提案を承諾したそうです。

もっちー(望月さんの愛称)、口数は少ないけど前向きな頑張り屋さんなのです。

望月さんはさっそく2日間で12案ほど考え、結果として考え出したのは、自社の乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」をアップグレードしたもの(題して「駅すまあと」)でした。経路を検索して決定すると、実際に乗り換えのタイミングになったときに「次はこの電車ですよ」と自動で通知してくれる、というアプリです。乗り換えの度にいちいちロック画面を解除する必要が無いので、スマートに移動することができるものです。しかし、リーンキャンパス(ビジネスモデルの企画のためのツールのこと。企画を1ページのサイズを収めるというのが大きな特徴)作成では苦労しました。アイデアこそ認められたものの、上司からは「表現がわかりづらい」、「何のためにこれをするの」と何度もダメ出しされたそうです。

 

DSC03473
仕事中の望月茜さん

 

『アイデアをどうビジネスに落としこむのか、どう実現させるのか、どう収益を得ていくのか。企画の難しさがわかりました。』

指摘された点を何度も修正してコンテストに応募。準備に取り掛かって1カ月後、見事書類審査を通過しました。しかし、9月24日の最終プレゼンテーションに向けてモック(ソフトウエアのテスト駆動)の作成、プレゼンテーションスライドの作成など、あらたな困難が。

『モックを作るとなると画面の細かい所や設定まで決めないといけないので予想以上に苦労しました。パワポの作成と発表文言を考えるのも、もちろん苦労しました。作っては修正・確認の繰り返し、ちょっと残業が増えました。』

最終プレゼンでは、他の候補者はみな企業経営者といった猛者ばかり。望月さんは当日緊張のあまり38度の熱が出たといいます

『会場は六本木。大手企業数社で合わせておそらく50人ぐらいの人がいました。初っ端からスティーブジョブズみたいなプレゼンの人がいて心が折れました。他の発表者も軒並み代表取締役だったのでますます心が折れました。自分の発表の番が来てとても緊張しましたが、持ち時間ぴったりに終えることができました。』

 

hkj23
企画した自動で乗換案内してくれるアプリのイメージ画像

 

結局、最終選考までいったものの惜しくも入選はできなかったそうですが、社内では「1年目なのに会社を背負って企業のトップと対等に渡り合った。企画の精度も高かった」と評価されたそうです。

『戸惑うことばかりで企画自体は大変でしたが、全体的にやりがいがあり楽しんで取り組むことができました。改めて何かを作ることの面白さを感じることができました。今後も大好きなITを使って新しいものを作っていきたいです。なんかもう色々な経験値が上がりました。』

 

おどけて
仕事の合間にゴリラのマスクをつけておどける望月さん

 

学生の時は大変人見知りな望月さんでしたが、皆様のサポートを受けながらも企画からで最終選考まで一貫して体験できたことが大きな自信になったようです。

もっちー、Good Job!

参考:https://news.careerconnection.jp/?p=17965

文責:堤江美子

LINEで送る
Share on Facebook

Posted in OG.

Comments are closed.