• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

ニュース&トピックス

2019年02月15日 生活専攻の正村俊之教授が執筆陣に加わった著作 『変動のマクロ社会学――ゼーション理論の到達点』(ミネルヴァ書房) が刊行されました。

本書は、グローバル化、少子高齢化、情報化といった近年の社会変化を社会学の視点から論じたものです。そのなかで、正村教授が担当したのは「第5章 情報社会と社会システム―文化変容とネットワーク」です。 ...

2019年02月04日 環境情報学専攻・細谷夏実教授のゼミが石川県穴水町の雪中ジャンボかきまつりで ブースを出展します

環境情報学専攻・細谷夏実教授のゼミ生らは、2月9日(土)、10日(日)に本学が包括連携協定を結んでいる石川県穴水町で開催される「雪中ジャンボかきまつり」にブースを出展します。 同ブースでは、同ゼ...

2019年01月25日 南国鹿児島から早春のうれしい便りが届きました。

女子高校生青春文学賞で、3人そろって作品が高い評価を受けた鹿児島市立鹿児島女子高等学校の文芸部を紹介する記事(1月4日付)が、このほど南日本新聞社から届きました。本欄で既報のとおり、3人はそれぞれ最優...

2019年01月10日 木村ひとみ准教授のブレグジット論文が掲載された著作が刊行

本論文は、イギリスのEU離脱(ブレグジット)について法的観点から連載しているものです。2019年にイギリスはどのような形で離脱するのでしょうか?ポピュリズムやナショナリズムはどのような影響をもたらすの...

2018年11月28日 短編小説コンクール「女子高校生青春文学賞」受賞者が決定しました!

大妻女子大学創立 110 周年記念事業の一環として実施した短編小説コンクール「女子高校生青春文学賞」の最終審査会がこのほど開かれ、入選作品が決まりました。全国の高校から沢山の優れた作品をご応募...

2018年11月06日 創立110周年記念講演「面白さの「発見」、組合せの発明」(映画プロデューサー・小説家 川村元気氏)

面白さの『発見』組合せの『発明」というテーマで、企画において「発見と発明を掛け合わせ」てより面白く多くの人に届くものを作り上げていくプロセスを語ります。映画『君の名は。』や『バクマン。』、140万部を...

2018年07月06日 環境情報学専攻の松本暢子教授による「子育て家族の住まいと住環境に関する調査」 の報告 ―平成29年度地域連携プロジェクトの報告―

平成29年度地域連携プロジェクトの報告が地域連携推薦センターのHPに掲載されました。  http://www.chiiki.otsuma.ac.jp/wp/?p=6994 その一環で実施した「...

2018年07月02日 生活専攻の正村教授が執筆した『主権の二千年史』(講談社選書メチエ)が刊行されました。

近代民主主義がどのように形成され、そして今日いかなる理由で危機に陥ったのかを論じた本です。                        『主権の二千年史』 本書については、読書人の雑...

2018年07月02日 木村ひとみ准教授の査読付き論文が掲載された著作がケンブリッジ大学出版から刊行

本論文は、ツバルなどの島国で問題となっている、気候変動により移動せざるをえない、いわゆる気候難民の問題に対して、国際法がどのように対処できるかについて検討したもので、アメリカ、カナダ、オーストラリア・...

2018年06月21日 平成30年度社会情報学会総会 大妻学院創立110周年記念講演会開催

社会情報学部では、6月26日(火)3限にE棟055教室において「社会情報学会総会 大妻学院ス率110周年記念講演会」を開催いたします。 今年度は、総会に引き続き、大妻学院創立110周年記念講演会とし...