キーワードから検索する

おすすめキーワード

  • 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

藤村ゼミナール

研究室紹介

2013年01月29日

藤村研究室では、様々なデータを分析し、「見える化」する研究をしています。
現在、ネット上では膨大な量のデータが生み出され、共有され蓄積されています。データを見える化するためには、このような大量のデータの中から有益な情報を抽出、発見することがまず必要です。これをデータマイニングと言います。データマイニングの研究は現在のネット社会における最もホットな研究分野の一つです。
藤村研究室では、データマイングの研究に加えて、抽出した知識を人にわかりやすく表現すること(情報の可視化)に重点を置いて研究を進めています。
近年、Webブラウザの性能向上により、ブラウザ上であらゆるアプリが動かせるようになってきました。そこで、ブラウザ上で動く、jQueryやthree.jsをはじめとする様々なJavaScriptのライブラリを活用して、高度なインタラクティブ性を備える新しい情報の可視化の研究に取り組んでいます。
ゼミでは、データマイニングや可視化の研究の前提となるWebサイト作りのための新技術について学生が担当を決めて調査し、順番に発表する輪講が中心です。この過程で担当者はサンプルプログラムを実際に動かし、そのノウハウをゼミメンバーで共有することで、実践的なWeb技術を身につけられるようにしています。

ゼミの風景