• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

正村ゼミナール

正村ゼミナール紹介

2014年11月28日

みなさんこんにちは!今回は正村ゼミの活動内容について紹介したいと思います。
正村先生は今年の4月に赴任されたばかりです。そのため私たちのゼミは先輩もいないので、先生と共にどうやってゼミを進めていくかを決めています。前期では先生から指定のあったテキストを利用して、内容の理解を深めていきました。各章ごとに重要となるキーワードを2.3人のグループになって探し、キーワードをつなげながらテキストの内容を要約し、そこからどのような点が疑問に思えたか、どの部分に共感が得られたかということを議論していきました。
後期は各週レポーターとコメンテーターを1人ずつ決め、レポーターはテキストの指定された部分を要約し、コメンテーターはその中から疑問点や議論したいことを考えてくるという方法でゼミを進めています。各々の考えていることも違い、様々な意見が出てくるので良い経験になっていると感じています。
夏に行われた合宿では1泊2日で箱根に行きました。2.3人のグループになり“メディアについて”というテーマでグループ発表を行いました。各グループでテーマを自由に決めました。夏休みの期間に準備ということで予定が合わず大変なことも多かったですが、有意義な発表になったと思います。
終わった後は、みんなで夕食をいただき、温泉に入ったり花火をしたりと合宿ならではのことをしました。そのほかにも先生を含めてビンゴ大会もやり、とても盛り上がって楽しい夜になりました!次の日は宿の近くでバーベキューをしました。みんなで自由な時間を楽しみました。しっかりとやる時はやり、遊ぶ時は遊ぶとメリハリのある合宿になったのではないかと思います。
正村先生は学生の意見を積極的に取り入れてくれるので、とても親しみやすい先生です。またゼミの雰囲気も堅苦しくなく、楽しくゼミを行っているのも特徴です。