(2021/4/1更新)

<新入生>

新入生のみなさま、ご入学おめでとうございます。

新しく始まる大学生活に希望と期待で胸をふくらませていることと思います。情報デザイン専攻では、みなさまにスムーズに大学生活に入っていただけるよう、4/2(金)13:00〜より対面でのガイダンスを予定しております。ご出席をお願いいたします。

みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

 

また、大学での学修に先駆け、事務からの重要なお知らせを配信しています。
UNIPAにログインして資料を確認して下さい。
https://unipa.otsuma.ac.jp

資料の内容は次のとおりです。

・教科書販売のご案内
UNIPAの学内リンク集にも掲載しています。履修科目が確定したら、資料に記載の手順で教科書を注文して下さい。

・学修成果に関するアンケート
4月16日までに必ず回答して下さい。回答方法は資料に記載しています。

・ハラスメントポスター
総務グループからのお知らせです。

・研究倫理リーフレット
研究支援室からのお知らせです。

・図書館ガイダンス
図書館グループからのお知らせです。

 

<在校生>
2~3年生のみなさま

4/1に本学のホームページが更新されました。
先日配信した事務からのお知らせについてのURLが以下の通り変更となります。

https://www.otsuma.ac.jp/news_other/school/59932/

事務からの大事なお知らせを掲載していますので、必ず全ての資料を確認して下さい。

また、学年ごとの専攻ガイダンス資料は下記からダウンロードください。
※manaba配信されている資料と同じ内容です。

 新2年生  210326_2年クラス別ガイダンス資料

  新3年生 210323_3年クラス別ガイダンス資料

  新4年生 210323_4年クラス別ガイダンス資料

以上

 

<履修に関する問い合わせ>

メール:shajo-st@ml.otsuma.ac.jp
※専攻・学年・クラス・学籍番号・氏名を必ずご記入ください。
※電話での対応はできません。上記メールアドレスのほか、教務委員、クラス指導主任に相談してください。

<履修に関する Q&A>
履修全般についてQ.1年必修科目の「大妻教養講座」は、1単位として単位数の上限に含まれますか?
A.はい、上限単位数に含まれます。
Q.他専攻履修はどうしたらよいでしょうか?
A.社会情報学部の他専攻履修の履修登録は、指定期間に定員に空きのある科目に限りUNIPAで行います。履修ガイドに記載されていますので確認してください。
Q.他専攻履修の「他専攻の選択科目を履修し、修得した10単位までを、専門教育科目(選択)の卒業要件単位とすることができる。」というのは、4年間を通して10単位までということでしょうか?
A.他専攻履修は、入学してから卒業するまでの間で合計10単位です。例えば、1年生で2単位、2年生で4単位、3年生で2単位を他専攻履修していれば4年生でできる他専攻履修登録は2単位です。また、他専攻履修の手続き期間や、先修条件などに気を付けてください。他専攻履修で登録したい科目が、通常の履修登録で定員が一杯になった場合履修登録ができないことがありますので、少し余裕を持って履修の計画を立ててください。
Q.履修チェック結果でエラーが出ます。どうしたらいいですか?
A.エラーの対処方法がわからない場合は、UNIPA内の『UNIPA操作説明書』を読んでください。
修正してもエラーが解消されない、エラーの意味がわからない場合は、詳しい表示を正確に教務委員の先生かクラス指導主任にお伝えください。
Q.履修チェック画面の「一年次残単位」とは何ですか?
A.「一年次残単位」は、履修ガイドに記載の標準履修単位数と、現在登録中・履修済みの単位数の差分を表しています。標準履修単位数はあくまでも目安であり、必ず守らなければならないものではありませんので、エラーも出ません。エラーが出ていなければ、そのまま確定して大丈夫です。

再履修について

Q.再履修の必修科目は自分で登録するのでしょうか?
A.はい。再履修者の必修科目は事前登録されていませんので、自分で登録する必要があります。基本的には自分のクラス(A,B)を再履修してください。自分の学年の必修と被ってしまうこともあります。被った場合は、クラス外履修をすることができます。詳しくは、教務委員、クラス指導主任に問い合わせてください。
※全学共通科⽬「⼤妻教養講座」「英語ⅠA〜D」(1年次必修)は事前登録されています。

Q.再履修の必修科目がゼミの時間帯と被っています。どうしたらよいですか?
A.教務委員の先生、ゼミの先生、クラス指導主任にご相談ください。

Q.再履修の英語の登録はどうしたらよいですか?
A.英語ⅠA~D(1年次必修)は、再履修でも学生が登録できませんので、教務委員の先生かクラス指導主任に相談してください。英語IIA~D、英語IIIA、Bの再履修の登録は学生本人がクラスを自由に選んで登録できます。その際、セクション(2)の方を登録してください。ただし、必修科目と被る場合は、他の時間に開講されている他専攻クラスを履修することができます。UNIPAでは表示されない場合は、教務委員の先生かクラス指導主任に相談してください。

諸過程科目についてQ.教職入門の講義が後期水曜5限にあり、ITパスポート講座と時間が重なっていますがどうしたらよいですか?
A.水曜5時限はITパスポートの講習を優先して頂いて問題ありません。
教職入門は、後期科目ですし、教職の説明会に参加して正式に教職を取ることに決めた時に事務部で修正履修登録ができます。その時に他学部向けの教職入門を選択できます。教職とITパスポートの両方の資格にトライできます。
Q.上限単位数には、図書館司書の資格を取得するための科目の単位数も含まれますか?
A.諸課程科目は上限単位数に含まれません。詳しくは履修ガイドを確認ください。
Q.UNIPAの単位修得状況の表において、全学共通科目の選択に、諸課程科目で修得した単位数の振り替えが反映されていません。
A.単位修得状況の表では、単位の振り替えは表示されません。各区分で修得した単位数が純粋に表示されます。これは、諸課程科目の振り替えに限らず、家政学部共通科目や文学部共通科目の振り替え等も同様です。
卒業年次生については、卒業要件を満たしていないとエラーが表示されます。エラーをすべて解消したうえで履修登録を確定してください。
なお、修得単位数や残単位数については、単位修得状況の表を確認するだけでなく、履修ガイドを参照して各自で計算をする確認も併せて行ってください。
Q.図書館学課程の科目同士が重複している場合、どうしたらよいですか?
A.他クラスの履修を受け付けますが、これはあくまでも【図書館学課程の科目同士が重複している場合】に限ります。そのため、メールを送る際は、どの科目とどの科目が重複しているか、また、どの科目をどの別クラスで履修したいか、をわかるように記載してください。
Q.諸課程科目が専門科目の必修と重複している場合は、どうしたらよいですか?
A.原則、専門必修を優先して履修し、諸課程科目は次年度に履修するようにしてください。

以上