• 社会生活情報学専攻
  • 環境情報学専攻
  • 情報デザイン専攻

正村ゼミナール

正村ゼミ紹介

2015年12月16日

こんにちは、正村ゼミの三年生です。
今回は正村ゼミの授業の内容、進め方、ゼミ合宿について紹介していきたいと思います。
まずゼミの内容についてですが前期は「監視社会」という書籍を使ってゼミを進めていきました。授業では毎回一人がレポーター、二人がコメンテーターという役割を持ちます。レポーターは割り当てられた部分の本の内容を要約し、授業で発表します。コメンテーターの2人は読んで分からなかった部分を発表していきます。その分からない部分をみんなで考え討論していきました。
現代に広がる監視について深く考えどこにでも監視があるということはメリットもデメリットもあり難しい問題であると感じました。

10月には1泊2日で湯河原にゼミ合宿に行きました。
一日目はグループごとに自由なテーマでプレゼン、プレゼンの後は討論を行いました。
「マイナンバーについて」「大学生のファッション傾向について」、「草食系男子について」な身近なテーマの発表が沢山聞けて興味深かったです。
夕食の後は正村先生を含めみんなでジェンガやトランプで色々なゲームをしました。とても盛り上がり気付いたら夜遅くまで遊んでしまっていました。みんなとの親交を深めることができました。

2日目は旅館を出た後、湯河原でミカン狩り、小田原城の見学、ランチなどをして解散しました。とても有意義なゼミ合宿になりました。
正村先生は卒論やプレゼンについて親身に相談にものってくれて、アドバイスなどをくれる優しい先生ですので、ゼミの雰囲気は和やかです。